お問い合わせ
ご支援のお願い

安心を、子供たちに引き継ぐ。

私は「ジャパンシンドローム」と海外から揶揄される少子高齢化社会への取り組みを改善させ、1人でも多くの方々が人生の最後に「幸福だった」と思える社会にするために微力ながら政治の世界で働いてまいりました。
「地方自治は民主主義の学校である」と言われます。「港区」は人財的・財政的にも豊かな日本一の経済都市であり、少子高齢化が進む中で先進的な取り組みがなしえると信じて様々な政策提言をしてまいりました。
現在、港区は25万人を超えながらも、今後も毎年約5000人も増えると推計されており、日本から世界から人々を引き寄せる魅力ある街づくりを進めております。
これまでの私の議会活動の原動力は、これから輝こうとする子供達の真っ直ぐな眼光や、町会や様々な団体の方々の地域愛に満ちた献身的な取り組みに関わらせていただいていることです。
「学びの宝庫・港区」私たちが住む愛する港区は、深い伝統に根差しながら未来を先導する都市であり、区民がより良き人生の糧になる学びの宝が散りばめられた素敵な街です。
しかしながら、これからも都市ならではの「未来を生き抜く為の教育の質の問題」や「地域の担い手不足問題」、「孤立した育児環境問題」「老老介護・認知症問題」など課題は常に生まれます。
社会は複雑に絡み合っております。今後も皆様と一緒に一つ一つ迅速に課題解決していきたいと心より願っております。

“安心を港区に”

私は政治に真剣です。その責任の重さを痛感し、誇りと矜持、謙虚さをもって責務を全うしたいと思っております。
今後とも御教導の程宜しくお願い致します。心より皆様の御多幸・御健勝をお祈り申し上げます。